協議会概要

大学等環境安全協議会沿革

  大学等環境安全協議会は、1979年に大学の実験廃液を処理する部門の連絡会として発足した(当初の名称は、「国立大学廃液処理施設連絡会」)。現在は、大学での廃液・廃棄物処理のみならず、大学内での環境管理を担当する部局として期待されているため、組織名称を「大学等環境安全協議会」として、活動している。

1979年11月 「国立大学廃液処理施設連絡会」て発足(中心メンバー:正藤(広島大)、高月(京都大)、山田(神戸大)、白須賀(東京大)
1982年11月 「国立大学廃棄物処理施設協議会」とあらため、会員制に移行(第4回連絡会総会,小田原)
1983年11月 「大学等廃棄物処理施設協議会」に改称(第1回協議会総会,神戸)
公私立大学の参加を促し、処理施設配属教職員の協議会の形態として、会則等を改正
1984年11月 関連企業団体の賛助会員制(第2回協議会総会,福岡)
2001年11月 「大学等環境安全協議会」と名称改正
2005年10月現在 会員数:名誉会員14名 団体会員99団体、個人会員111名、賛助会員52企業